日本心理劇学会の公式ホームページです

日本心理劇学会 第23回大会(2017)

 日本心理劇学会第23回大会は、大会長 早川裕隆先生のもと開催されます.
 口頭発表の情報を加えました.ご確認ください.
           
   以下にプログラムを掲示します.戻るボダンでお戻りください.
           プログラム

第23回日本心理劇学会

大会テーマ 教育と心理劇
 -その効果の光と影ー
日 程
2017年11月18日(土)~19日(日)
    於 国立大学法人 上越教育大学
ワークショップ
発表

発表タイトル     (人数・規模)  【主発表者】
①教育の現場におけるロールプレイング ―職員研修を体験しあうことを通じて可能性を探る―(~15名) 【山崎 匡 他】
②古典的サイコドラマの体験  (~30名)【藤堂宗継 他】
③サイコドラマにおけるロールの可視化とドラマの展開                  (~15名) 【中込ひろみ】
④ロールの発見         (~20名) 【高橋美紀】
⑤道徳教育におけるロール・プレイング(役割演技)の実際               (~30名) 【出山良恵 他】
⑥心理劇に関わる研究論文作成のためのワークショップ
              (~30名)【 吉川晴美 他】
 研究発表 口頭発表 第1会場

発表1:「デイケアで展開する心理劇と治療構造 参加メンバー、
関係職員とのOne step」
発表者:宇野寛子(京ケ峰岡田病院)

発表2:「デイケアにおけるサイコドラマの実践 -疾患が多岐にわたるメンバーと共に-」
発表者:藤堂信枝(白峰クリニック)

発表3:「サイコドラマ普及のための実践活動報告とその課題 
―中国内モンゴルおよびミセス・ジャパンコンテスト例―」
発表者:○石川正人(カウンセリングオフィス静律)
     前田 潤(札幌サイコドラマ研究会•室蘭工業大学)


口頭発表 第2会場

発表1:「事例検討学習における心理劇(ロール・プレイング)の活用-保育者養成教育における授業展開の検討-」
発表者:義永 睦子(武蔵野大学)

発表2:「教育現場の中でロール・プレイングを生かすために」
発表者:○時田 学(日本大学大学院)
     出山良恵(柏市立大津ヶ丘第二小学校)

発表3:「深い学びを実現する役割演技の授業事例~家庭との連携~」
発表者:北川 沙織(愛知県名古屋市立平針北小学校)
. 
特別講演   帝 京 大 学 教 職 大 学 院 教 授
(前文部科学省初等中等教育局教育課程課教科調査官)
             赤 堀 博 行 先生
シンポジウム  

    心理劇の活用の効果と課題
      ―教育場面での発展的活用を考える―

          シンポジスト
            高 原  朗 子 先生
            丸 山 日 出 夫 先生
            北 川  沙 織 先生,
          指定討論者
            土 屋 明 美 先生
            小 宮  健  先生

 お問い合わせ  日本心理劇学会第23回大会事務局  

1920392 東京都世田谷区砧5-2-1
日本大学商学部 時田研究室気付
 大会会場と異なりますのでご注意ください.
   Fax03-3749-6982
 
E-mail
 tokita.gaku@nihon-u.ac.jp
            (事務局長 時田 学